魅力的な塗りにするための3要素とは?



以前の記事
「絵のクオリティをバランス良く高めるコツと、その落とし穴」
から続いている

美しく描き込まれたイラストを制作するためのポイントを
唯さんのメイキングから解説するこのシリーズですが


前回の記事「ラフよりも豊かに見える線画を描く」では

下書き〜ペン入れの工程で
どんなことを意識すればいいか解説しました。


今回はいよいよお絵描きの醍醐味といえる
彩色の工程を解説していきます。


お絵描きがなかなか上達しないという人は
この彩色で悩んでいる人が大半ですが

魅力的な絵にするためには
一体どんなことを意識すればいいのでしょうか?


それでは解説していこうと思います。




塗り(前編&後編)-Photoshopメイキング
まずは作業の効率を向上させるために、自動選択ツールを用いて
背景とキャラを分離させ、異なる部分をグレースケールで塗りつぶします。 ...




続きを読む

【SAIでできる!】透明感のある瞳の描き方

000_20121221082036.jpg


今回は、透明感のある瞳の描き方を解説している
三日月沙羅さんの「SAIで目の塗り方講座」をご紹介します。




(以下簡易まとめ

続きを読む

【塗りで表現する!】服のシワの塗り方まとめ

00_20120814171836.jpg


線画としてのシワの描き方については以前
「パターン化して楽にシワを描く」
「ポイントを押さえて説得力のあるシワを描く」
などで、何度かご紹介してきましたが

彩色をする際には主線は消して、
塗りだけで表現することが多くなります。

そして線画では自然に見えていたシワでも
実際に彩色してみると、あまり綺麗に見えなかったり
思ったようにうまく塗れず、苦労するものです。

今回はそういった塗りの面でのシワの描き方を解説した講座
さくらえびさんの「服のしわの塗り方まとめ」をご紹介致します。




(以下ダイジェスト

続きを読む

【逆光・ハレーション】Photoshop・SAIで光を表現する方法

00_20120726145209.jpg


光の表現は、デジ絵において比較的簡単にできる加工の一つです。

これが使えると、輝きやまぶしさが表現できるため
光を意識したおもしろい構図を作れるようになります。

また、目立たない程度に軽く入れることで仕上げのクオリティを
向上させたりと、色々応用が効くので非常に便利です。

具体的な方法については色々ありますが、
今回はその手順を線画から通して解説している
ひのえさんの「製作過程/光・ハレーションの入れ方」をご紹介します。




(以下ダイジェスト、まとめなど

続きを読む

キャラクターを背景に馴染ませる方法

000_20120609022314.jpg


今回はキャラクターと背景を馴染ませ、絵全体を自然に見せることができる塗り方
sayappaさんの「アニメ塗りで背景と簡単に色を合わせる」についてご紹介します。



(以下手順、考察など

続きを読む

| NEXT>>