自分を劇的に成長させるお絵描きソフトの選び方



あなたは絵を描く時
どんなお絵描きソフトを使っていますか?


今は無料でも優秀なソフトが多く出ていますし

有料ソフトも昔ほど高価ではなくなり、
学生でも手が届くレベルになっています。


実はこのお絵描きソフト、選び方次第で
成長スピードは劇的に変化するって知っていましたか?


前回の記事「やる気があるのに集中できない理由」で、
環境がどれだけお絵描きの成長に影響するのか
ということについて書きましたが

絵を描く間、ほぼ常に使い続けるこのお絵描きソフトこそ
成長に影響を与える代表的な要素の一つです。


無料ソフトを使うことの代償とは?

どうしてプロはPhotoshopを使うのか?

今、どんなお絵描きソフトを選ぶべきか?



今回は、告知していた通り
お絵描きソフトの選び方についてご紹介します。







無料ツールを使うことの代償



これからお絵描きをはじめようという人から
有料ソフトはある程度慣れてから買いたい
という意見をよく聞きます。


確かに、誰もがお金はできるだけ無駄にしたくないものです。

だからこそ、お絵描きの知識も少ない初心者のうちは
知識が増えてきてからゆっくり吟味したい
という気持ちになりますよね。




しかし、損しないためには
実は「初心者こそ」最初から
有料ソフトを選んでおくべきなのです。


その理由をこれからお話します。



まず、有料ソフトの大きなメリットの一つとして
お絵描き補助機能が豊富だということが挙げられます。


例えば手ブレ補正機能があるソフトなら
ツールを使うだけで綺麗な線を引くことができます。


そういうソフトを使うだけで
手ブレの少ない綺麗な線を描くことに費やす時間は
圧倒的に少なくなります。


つまり、補助機能が多い有料ツールを使うということは
ただそれだけで効率的に絵を仕上げられるのです。





さらに、制作に役立つメイキングの数も重要です。


他の絵を見て、こういう表現が使いたいなと思った時
とりあえずネットで検索してみますよね?

そして検索すればあっさりその方法が説明された
メイキングが出てくることがほとんどです。


そして、同じソフトを使ったメイキングなら
その通りに行えば、大半がすぐに同じように表現出来てしまいます。


極端な話、プロが熟考して作り上げた技術すらも
メイキングを見ればものの数分で習得してしまうことも可能なのです。


特に右も左も分からない初心者にとって
これほど心強い武器もありません。


このメイキングの数というのは
多くのユーザーが長く使っているソフトほど
たくさん作られています。


別のソフトを使ったメイキングも
真似できないわけではありませんが

ソフト間での微妙な機能の違いを把握して
同じ表現をするには多くの時間と手間がかかります。


そのソフト人のユーザー層も重要です。
お絵描き中級者、上級者が多く使っているものほど
役立つメイキングを作れる人も多いですし

プロのユーザーが多いほどそのクオリティも高いです。



優秀な無料ソフトは種類も多く
そのソフトのメイキングを見つけるのも一苦労です。


一方、有料ソフトで優秀なものはほとんど種類も絞られるので
目的に合ったピッタリのメイキングをすぐに見つけることができます。


そういったユーザーの多さとユーザー層の高さで見た時、
圧倒的に有料ツールの方が有利になるのです。




これから技術を身につけ、磨いていく初心者ほど
こういった補助機能やメイキングが豊富にあることは
効率的な成長に直結します。



また、無料ツールはサポート面で弱く
突然サービスを終了してしまうことも珍しくありません。


サポートが終了して、OSがバージョンアップされていくと
次第にソフトがOSに対応できずに使えなくなってしまいます。



そうなった時、せっかく覚えた技術も
また新しく覚え直しになってしまいます。


有料ソフトであればサポートもしっかりしており
すぐに不具合やOSバージョンアップへの対応もしてくれます。



また、ライバル企業としのぎを削りながら
シェア獲得に励んでいる有料ソフトほど

絶えずユーザーの意見も反映されるため
どんどん使いやすく修正され、便利な機能も追加されていきます。


これだけの違いがあれば、使うソフトで
成長に大きな変化が出ないはずがありませんよね?


何十時間、何百時間という
膨大な作業時間が積み重なっていった時

選んだソフトがあなたの成長や作業効率に対する影響は
計り知れないものだと思いませんか?




無料ソフトを使い続けるということは

無料であることと引き換えに
効率良く成長できるチャンスを捨てた上で
不安定な足場でお絵描きをするということです。


少しの投資を惜しんだために
多くの時間と成長の機会を失い

必要以上の苦労や挫折をたくさん味わいながら
ほんの僅かづつ成長していく人と


最初にしっかり投資しておいて、快適で効率的な環境のもと
短期間でさらっと成長していく人


後者なら、時間の一部をアルバイトにでも充てたとしたら
おそらく投資したお金すらあっという間に取り戻せることでしょう。


あなたは一体どちらの人間になりたいと思いますか?




お絵描きならPhotoshopを使うべき?



それではどんなソフトを使っていけばいいか
という話に移っていきます。


今や多機能でもかなり安価なソフトが出てきているのに、


なぜ未だに多くの企業やプロが高価な
Photoshopを愛用しているのか
という質問をたまに受けますが


Photoshopはここ20年以上ずっと
プロのデザイナーに使われ続けているソフトです。


画像加工においては抜群に優秀で、細かな効果や調整、変形ができ
保存形式もかなり多いため、多くの印刷会社への入稿でもこの
Photoshopの形式が採用されています。


少し使用するには慣れは必要ですが
慣れると圧倒的に早く、あっという間に
クオリティの高い効果を仕上げる能力を秘めています。



機能面もさることながら、
多くの企業やプロのユーザーによって長年作られてきた
メイキング記事の数は他のツールの追随を許しません。


常識的に考えても、20年間以上確固とした地位を築いて
企業に使われ続けているソフトと

ここ2,3年で出てきた企業が出しているお絵描きソフト
どちらを信頼するかといったら言うまでもありませんよね?


将来的にグラフィッカーとして企業で働く事になったら
ほぼ100%触れることになるソフトですので
覚えておいて損はないはずです。


ただ、お絵描きに特化したソフトの方が機能が絞られて特化している分
分かりやすく、使いやすいため

無理して最初から覚えていくものではありません。


使い方を覚えることに苦労するあまり
思い通りに制作できずに挫折してしまっては本末転倒ですよね?


Photoshopは使えるに越したことはありませんが
あまり固執する必要はないと思います。




今の時代どんなソフトを使うべきか




私達をとりまくお絵描きの環境は変化し続けています。


とりあえず有料ソフトを買えば万事OKかというとそうではなく

常に時代の流れを敏感に察知して
より良い環境を模索し続けるという姿勢が最も大切です。


最近でいうと、昔と比べてMacユーザーが増えてきましたよね。

テレビドラマを見ても、パソコンを使うシーンで
Macbookを良く見かけるようになりました。


おそらくiPhoneの普及によってApple社の製品がより評価されるようになり
他の製品にも注目されるようになったことも影響していると思います。


色んなメーカーが新しいAndroidスマホを競争しながら出す中
いまだにiPhoneが大きなシェアを獲得し続けていますが


Macbookも、同程度の価格の他のパソコンと比べて
使いやすさという点で目を見張るものがあります。


薄くて軽くて持ち運びやすく、動作も軽快で
インターフェースや文字表示なども圧倒的に綺麗です。



僕も長くWindowsとMacどちらも使っていますが
メーカーに対するひいき目無しに見たとしても
Macの使いやすさは、挙げはじめるとキリが無いほどです。



お絵描きソフトでは、Windowsだけであれば


プロと企業が使うPhotoshop
プロとアマチュアに広く愛用されるSAI


というのが今まで一般的でしたが、

使うパソコンの変化と同じように
今、お絵描きソフトにも変化が訪れてきています。


そしてその変化によって、
私達一般ユーザーにとって少し問題が出てきました。


Photoshopが月額料金になり
価格もさらに高額になってきたこと


SAIが現在Windowsにしか対応しておらず
代替となるソフトの必要性が出てきたことです。



いざWindowsからMacに替えることになったとき
それまで安価でお絵描きに特化したSAIをメインに使用してきた人は

高額化が進むPhotoshopを使うか
何か別のお絵描きソフトに変えるか

選択を迫られるということです。



でも、せっかく身につけた使い方が
一から覚え直しになるのも嫌ですし、


かといって、高額化するPhotoshopを
使い続けられる人も限られてきます。


いずれMacが主流になるかもしれませんし、
できればOSの心配をせずに一本のソフトを
ずっと使い続けていたいものですよね?



そんな中、ここ数年でダークホースのように登場したのが
CLIP STUDIO PAINT PROです。


CLIP STUDIOは以前からコミックスタジオという
デジタル漫画制作ソフトで地位を築いてきたセルシスというメーカーが

ここ数年でその技術をイラストに特化したソフトに注いで
開発されたお絵描きソフトです。



しっかりしたメーカーが出しており信頼性が高く

Mac、Windows両方に使えて

お絵描きに必要な機能を一通り備え

かつ安価で購入できる



と、今のニーズに信じられないくらいマッチしています。



実際使ってみると、さすが漫画制作ソフトを作ってきただけあって
ペンの描き心地も優秀なSAIに全く劣らない性能です。


さらに最初から汎用的な素材がかなり多く入っており
素材があまり無い人でもクオリティの高い絵を仕上げることができます。



本格的に商用、企業向けを意識して作られており
漫画制作機能に特化した上位版のExもありますが、

漫画を本格的に制作したり、企業向けに入稿したりする人でなければ
安価なProの方で充分です。


また、もし後からその機能必要になっても
その時に差額を払えばアップグレードしてもらえるようで
安心して購入できます。


さらに金銭的にもかなり融通が効きます。


Proなら5000円と、
ほとんど携帯ゲームソフト一本とそう変わらない価格ですし

Exの場合月額使用も可能で、
月500円で毎月使い続けられるバリュー版というものあります。


これなら、しばらく描かない期間ができても
使いたい月だけ課金すればいいのでとても便利ですね。


今、SAIをメインに使っている人も今後の環境の変化に備えて
いまのうちから少しづつCLIP STUDIOに慣れておくのも
一つの手ではないでしょうか?



ただ、デメリットとしては
低スペックのPCでは動作が少し重くなることが挙げられます。

メモリ2GB推奨とは書いてありますが
8GB程度が快適に動作する環境の目安のようですので
お使いのパソコンのスペックには注意が必要かもしれません。


今のところ、30日間は無料で使えるようですので
まずは自分の環境に合うかどうかを含めて
一度試してみることをお勧めします。



PS.

有料ソフトについて色々書きましたが


もちろん必ずしも有料ソフトを使わなければ
成長できないわけではないですし
無料ソフトだけで有名絵師になる人だっています。


ただ、集中できるかどうかは
挫折やスランプに大きく関わってきます。


お金がもったいないというだけで
初期投資することを恐れるあまり


作業環境を原因とするちょっとしたストレスから
スランプになったり挫折したり

一気に成長していく可能性を無意識に潰してしまうのは
非常にもったいないことです。


最初にたった数千円の投資をするかどうかで
今後のあなたの成長は大きく変わります。


それによりもたらされる格差は、
後になって気付いた所ですぐに取り返せるものでしょうか?


無料ソフトで充分という人も
定期的に自分の成長と投資についてを秤にかけて
考えていくことは必要だと僕は思います。


下記に、有料ソフトを使うのに向いている人、
そうでない人をまとめておきます。


有料お絵描きソフトに向いている人

・効率的な手段は惜しまず使っていきたい人
・絵をどんどん仕上げていくことで自然と上達していきたい人
・確実に成長につながることなら多少の初期投資は覚悟できる人


あまり向いていない人

・これだけで成果を上げたいと考えている人
・多少効率は悪くなっても、お金をかけたくないという人
・月に数百円もスキルアップに投資したくない人



関連リンク:
ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: