ブラシ素材を使って雲を描く

これから描こうとしている絵に苦手な表現がある場合
ブラシ素材を探してみる、というのもひとつの手段です。

今回はPhotoshop VIPさんより、ブラシ素材の中でも
汎用性が高い雲ブラシ素材についてのまとめ記事をご紹介します。

brush.png
「リアルな雲を描くことができる
無料Photoshopブラシ素材、150個あつめました。 」

【Photshop VIP】



●インストールまで



  abrファイルをダウンロードしたら
  「編集→プリセットマネージャー」より
  マネージャを開いて「読み込み」からabrファイルを
  指定することでインストールされます。

●使い方
  1.空のグラデーションを置く
    空気遠近法により、遠くの空ほど白っぽくなるので
    下に行くほど白くなるようにグラデーションを作ります。

  howtodrawcloud11.jpg


  2.その上から雲のブラシを使用する
    色を選んで雲のブラシで配置していきます。
    雲のブラシは最初から何パターンか入っているものが多いので
    いくつか組み合わせて配置していくとランダム感が出てよいでしょう
  howtodrawcloud2.jpg


  3.適宜色を調整する
    雲の色や空の色を調整することで
    夜空や夕焼け空を表現できます。


「素材をうまく活用して表現する力」は即戦力となってくれるので
こういった素材のストックを作っておくと非常に便利です。
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: