色調整にはトーンカーブ

tone1.png



Photoshop や gimp で色調の補正をする際
「トーンカーブ」という機能が便利のようです。

今回はこのトーンカーブについて
明快に解説している、Web Design kojika17さんの
「今さらだけど、トーンカーブって凄いよね?」
をご紹介します。

今さらだけど、トーンカーブって凄いよね?
: Web Design KOJIKA17

画像の色調補正する時、何を使いますか? 私の場合、
基本的な画像補正はトーンカーブ1つでほとんど済ませて
しまいます...




(以下要点まとめ)



具体的な使い方については紹介した記事に
詳しく書かれているので上記のリンクをご参照下さい。

以下は、トーンカーブの利点と、使う際に
意識しておくと良いポイントのまとめです。


トーンカーブの利点

 ・階調ごとの明度の操作ができる
  「暗い部分を中心に明るめにする」など
   適用させる暗さの範囲を指定した操作
   感覚的におこなうことができます。

 ・RGBそれぞれの色ごとの成分を調整できる
  「赤みがかっている階調を無色に修正する」など
  色成分を指定した調整が可能です。

tone16.jpg

 ・その他、階調を利用した小技など
   一定範囲の階調を同じ色にするポスタリゼーションや
   階調を極端に変更して画像のゴミを目立たせたりする
   ことができます。


ポイント

 ・横軸が元画像の階調、縦軸が補正後の階調

  横軸が入力画像、縦軸が補正後の出力画像の階調を
  表しています。言葉だと分かり辛いですが、操作して
  いくと感覚的に理解できるようになります。


 ・上に動かすほど明るく、下に動かすほど暗くなる

  点の縦移動は、明暗を変えることができ
  横座標の階調を中心にして明暗が変化します。

  具体的には上に動かすと明るく、下に動かすと
  暗くなります。


 ・右に動かすと明るい階調、左に動かすと暗い階調の変化

  点の横移動は、縦軸の明度を適用させる中心となる
  階調を変化させることができます。

  具体的には右に動かすほど明るい部分の明度が変化し
  左に動かすほど暗い部分の明度が変化します。


 ・操作しやすい3点打ち

  tone5.png

  上図の三か所に点を打つと全体への影響が緩和されて
  調整しやすくなります。

  それぞれを線に沿って上下に点を動かしてみると
  見ている色調が横軸のどの辺の位置に当たるのかが
  つかめてくるはずなので、まずはこの打ち方で色々
  調整してみるとよいでしょう。

関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: