SAIを使った炎の描き方

014_20120518180619.jpg

今回はSAIでできる炎の描き方についてご紹介します。
この方法を解説しているのはラプトルさんのpixiv講座
「『燃える萌え』の描き方講座」です。



(以下手順まとめ



基本的な描き方

 1.加算(発光)レイヤーを作成→大きめサイズの筆で「トントン」と赤で点描
  「加算」モードにしたレイヤーに、筆ツール(ほぼ初期設定の筆でOK)を使い
  炎のアウトラインを描画する。「トントン…」と点描する感じで描いていく

  ※レイヤーモードは、SAIのバージョンによって「加算」「発光」どちらかの表記が使われるので
  いずれかを使えばOK

 001_20120518180933.jpg

 2.筆ツールの大きさを小さくしながら細部を点描
  主に外側や、動きのある部分を少し小さめのサイズの筆ツールで
  点描したり、エアブラシや水彩筆を使ってぼかしたりする
 002_20120518193914.jpg

 3.筆を細くしてこするように描画
  筆サイズを補足し、下図のようにガリガリとこするようにして細部を描く
 015_20120518194235.jpg
 003_20120518194054.jpg

 4.以上を黄色、白でも繰り返して完成
  1~3を描画色を変えて黄色と白でも繰り返す。
  黄色→白となるにつれて描画する面積を徐々に少なくする。
  描画色ごとに加算レイヤーを新規作成するとよい

 黄色を追加
 005_20120518195448.jpg
 006_20120518195452.jpg
 007_20120518195456.jpg

 白を追加
 008_20120518195501.jpg

 以上の工程で炎のような輝き方を表現できますが、質感は筆での描画に大きく左右されるので、
 例のような質感を出すには多少の練習が必要になるでしょう。


応用など

 周囲を光らせる
  加算レイヤーを新規作成し、炎の周りを赤のエアブラシで薄く塗る。
  すると周囲が明るく発光しているような効果が得られる
 009_20120518195506.jpg

 火花を散らしてみる
  適宜黄色の細い筆などで細かい線を描画することで
  火花のような演出もできる
 012_20120518200900.jpg


 炎の色を変える
  統合して色相を変えることで、様々な色の炎にすることも可能
 013_20120518201729.jpg


同じような色とレイヤーモードを使えば、SAI以外でも炎を描くことができます。
思ったような炎が描けない時は、敢えてツールやブラシ設定を変更してみるなど、
自分なりに納得のいく炎の表現を模索していくとよいでしょう。

関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: