単純化して楽に手を描く

手を描くのに苦労したことがある人は多いかと思いますが
アタリのとり方を工夫する、というのもひとつの手のようです。

ミトンのようなアタリで手の描き方を説明したのが
三盆もやしさんの「【講座】手を描くときのコツ」



この描き方の優れている点としては



 ○パーツに分けているので手の立体感をざっくり捉えやすい
 ○アタリの時点で立体的なので視点を変えても対応しやすい


などが挙げられます。

↓以下ダイジェスト
(端折ってあるので、しっかり見たい方はpixivリンクの方を推奨します)

手の描き方00

手の描き方01

手の描き方02


手の描き方03

手の描き方04

要点をまとめると

 概要
 ○4つのパーツに分けて繋げていく

 ○パーツごとに何点か注意することで本物らしさをアップ
 (指の曲がる位置や親指の付け根パーツの付き方など)

 ○4つでは足りない形は、適宜分割する

 描き方
 1.親指根元部分と手の平部分を描く
  (ここで内側の曲がり具合を掴む)

 2.根元・手の平部分での曲線につなげるように
   親指部分と指先部分を描く
  (このとき、特に指の曲がる一番深い部分の位置に注意)

 3.とれたアタリをもとに手を描き込む


少し慣れが必要な描き方ですが
アタリの時点でざっくりシルエットがとれるので
練習して身につけておくと便利かもしれません
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: