木を描く際におさえておきたいポイントまとめ

00_20120709195944.jpg


以前書いた記事「ブラシ素材を使って木を描く」では
ブラシ素材を使った葉の彩色方法をご紹介しましたが

今回は木の描き方第二弾ということで
幹の塗り方や房の置き方についても言及されている
格之さんの「15分で描ける!素材別背景物メイキング集~樹木編~」
をご紹介します。




(以下ポイントまとめ、枝の描き方手順など

葉を描く際のポイント

1.明るめの葉は密度を下げる
 明るさの段階ごとに密度の変化をはっきりさせると良い
 03_20120710191023.jpg

 05_20120710200554.jpg




2.単色で塗った後は水彩筆などでムラをつける
 単色で塗った箇所にはムラを付けることで、
 01_20120710190153.jpg

     04_20120710195753.jpg

3.複製して作った箇所には手を加える
 同じ形コピペして作った下地は単調になりやすいので
 最後にブラシで葉を書き足し、ランダム感を出す
 02_20120710190637.jpg


幹の描き方~背景に合わせるまで

1.Y字をつなげるようにして下地を描く
06_20120710204303.jpg

2.大まかに光が当たる部分を彩色
07_20120710204439.jpg

3.スポイトで色をとりつつデコボコを描画
08_20120710204621.jpg

4.さらに明るい場所にハイライトを入れる
09_20120710205133.jpg

5.反射光を描画する
 反射光はの色は周りの環境で変化するが
 基本的にはその時間帯の空の色を使う
 10_20120710205449.jpg

6.全体を見て更に描き込む
 一通り彩色したら、全体を見て凹凸や影、反射光などの塗りを修正する
11_20120710210107.jpg

7.葉と合わせる
 幹や枝の手前に濃い色、奥に明るめの葉を置くと奥行きが出やすい
 また、葉のレイヤーををコピーしてレイヤーモード「乗算」で
 幹にクリッピングすることで葉の落ち影を簡単に描画できる
 12.jpg

7.背景を描画し、適宜なじませる
彩度・色相で色合いを整えたり、やわらかいブラシで薄くぼかすなど
背景に合うように調整して完成
13.jpg

14.jpg


葉の描き方については端折ってしまっているので
そちらについてはソースの講座「ブラシ素材を使って木を描く」
をご参照下さい。

関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: