【視線を操る!】惹きつける構図にするための7つのポイント

000_20130124211953.jpg


今回はけりるさんの「【講座】風景の基礎【第二版】」から
構図についての部分を抜粋してご紹介します。





1.導線
001_20130124211927.jpg



2.基本構図
002_20130124211928.jpg
003_20130124211927.jpg



3.明度
004_20130124211929.jpg
005_20130124211926.jpg



4.不規則性
006_20130124212024.jpg



5.スケール感
007_20130124212024.jpg



6.躍動感
008_20130124212024.jpg
009_20130124212025.jpg



7.ストーリー
010_20130124212023.jpg


見る人にとって、ディテールよりも絵全体の構図が最初に目に入るものです。
自分の絵をしっかり見てもらいたい時や評価してもらいたい時は
見る人の視線の遷移を意識して構図を考えてみると良いでしょう。

ソース講座ではこの他にも、配色や表現技法といった
絵のクオリティを上げるために役立つ知識がまとまっており
非常に参考になります。
興味のある方はぜひそちらも参照してみてください。

関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: